2008年9月 2日 (火)

社台滝・・スライドショー

はは~何故か・・

嘉門達夫の歌声がここ1週間程頭の中で、鳴り響いてる・・・・・

川○浩が~洞窟に入る・・・・・・・・・

矢追純一のUFO番組も良く見たっけな~

あくまでも、バラエティ番組として、でしたけど・・・・・・・

あの頃の、バラエティ番組ってケッコウお金掛けてたよな~

1_2

落ち口の拡大画像です!

この、先っちょに皆でいったんですよ~

スライド製作しました・・・

紅葉の時期も良いかもな~

| | コメント (2)

2008年9月 1日 (月)

社台滝探検・・・隊

8月31日 0900時苫小牧西インターにて探検隊結成

メンバー

白髭(XR250) 白髭嫁(DT50) ぱうだーさん(ジェベル250XC)

たかおさん(スーパーシェルパ) HONDAさん(XLR250R)

カワサキさん(KDX125) まちょさん(KSR80)

♂5名 ♀2名での、凸凹即席探検隊・・・・(^^;

DT50・KSR80のお嬢さん(?)達はR36を走るのはシンドイだろうと、市道を使い一路インクラの滝に・・

Cimg4565 国道36号からのアプローチは白老町社台の此処の交差点からが判り易い

此処からインクラの滝に向かう(今回は別ルート)

Photo 粗地図

赤① 入り口

赤②~詳細地図につながる・・・

1_3 を直進するとインクラの滝の駐車場を経て、森野方面に行ってしまう・・

別々川を渡る1本目の橋を渡り直ぐに右折すると尾根筋に向かう、此処の路面は非常に悪い、勾配のきつくなったあたりでは、大型車の掘り込んだポケット状のヌタが左右に点在してるんで、要注意(乗用車は不可)

地点ゲートあり(今回は無施錠)脇からはバイクならOK

此処から先は、自己責任の世界

Cimg4567 Cimg4568 ここ数日の大雨で、路面はガレ気味、オイラはコレくらいの林道が大好きなんですが、女房とKSRのまちょさんは、かなり手こずって此処まで

送電線下にて、紫外線と磁力線を浴びながら一服・・(煙草が旨い!)

Cimg4569 別々支線林道・西樽前林道Cimg4570 の看板(三叉路)

ドッチニ行っても、行けるんですよ・・

道が崩壊してなければですけど・・

先頭を走る たかおさんに、地図を渡して

それ行け!やれ行け!と追い立てて遊んでやろうと想ってたんですが、敵もさる者・・・分岐の度に、どっちだべ?光線を発してた(^^

探検にならんな~

Cimg4572  この分岐でも???

此処から先は、所々がヌタってて(楽しい)

坊主タイヤのぱうだーさん・スモールホイールのまちょさん・ヌタ初体験の女房はかなりオタオタしてた・・・・ですな(見ていてとっても楽しかった)

ここで、先頭が暴走を・・・

を行き過ぎ・・・あれ~止まらないな~

ま!どっかで止まるべ・・なんて想っていたんですが、こういう時に限って止まらない・・・

仕方が無いので、最後尾から全走車を抜いて追いつきUターンを指示!

Cimg4573 ⑥ 入り口に到着 楽しくヌタッてます。

Cimg4575 此処の道も所々にヌタ場有り

駐車場にて、各自長靴・地下足袋・沢足袋・スニーカーに、オイラはOFFブーツに荒縄を巻いて滑り止め(コレが一番滑らない)

そんで、いよいよ!

Cimg4576 展望台・・見づらい・・・

Cimg4579

Cimg4582 この展望台、完全に崖っぷちに在る、ほぼ直角の崖!

で!いよいよ滝の真上に・・

Cimg4584  岩盤の上を静かに流れてます・・

両脇より湧水有り、神秘的とでも云いましょうか・・

Cimg4587 Cimg4611

アンダーの画像

夕暮れに見えない事も無い・・(コレだと気持ち悪い?)

Cimg4599 突端!

心なしか びびってる?

Cimg4601 彼もびびってる!

Cimg4604 この方、完全にびびってる!(^^

Cimg4591

先端から真下を望む

Cimg4592 もう一発

100m以上の落差

Cimg4595 Cimg4590

此処の突端からの景色

Cimg4593 白とびしてますが、山の向こうには太平洋!

へへ・・・

女房は高所恐怖症気味なんで、先っちょまで行ってませんが、おいらは高所不感症なんで、突端の景色をたっぷりと、堪能できました。

上流部探索

Cimg4610 Cimg4612

ここが、社台川の始まりの様です

正面にチョロ滝(温泉の打たせ湯程度)

湧き水のようです。

Cimg4613 水深2m程のストーンホール

Cimg4589 これ位のストーンホールはそこかしこに点在

落ちると脛を打ちそうですな・・

子供の頃に見たのを、夢まぼろしの様に覚えていたんですが、やっぱりここでした。

当時は散策路なんて無くって、大人の後を藪こぎをしてついて行ったので、やたらと辛かった思い出が有って、此処に来るのが億劫だったけど・・・・・・・・

現在は駐車場から下草を刈った散策路が有るんで、途中の林道を迷わなければ結構すんなりと行ける秘境になってました。

昼食を滝の上部で食べて、一路来た道を戻る、③のゲートから樽前ガロー散策、山越え(いつもの林道)経由で(道)141に出て、白髭探検隊解散!

今回はいつものたかおさん・ぱうだーさんに加えて、わざわざニセコから参戦のまちょさん・HONDAさん・カワサキさんに加えて女房の7人での行動でしたが、たまには、大人数も良いかななんて想った位楽しかったです、皆さんお付き合いありがとうございました。

今度、気が向いたら川遡行での社台滝探検の企画でもと、考えていたりもしてます・・・・・・・・・が、其れはその内ってことで・・・。

あ!マイリンクのヤフーフォトに今回の画像を入れてます、ご入用の方はお好きにどうぞ、(商用不可です)

備考

地図上の緯度経度は参考程度と想って下さい、GPSの精度次第で結構誤差が出ます、の数値は実測ですが、その他は地図上から拾ったものです。

先端部はコケが点在して、滑ります!滑り止めの有る靴にてのアタックです決してまねをしないように願います。

此処から、落ちたら遺体回収には、かなりの費用がかかりますぞ!(^^:

| | コメント (11)

2008年8月31日 (日)

社台滝

ここ数年の懸案だった社台滝の落ち口・・・・行ってきましたです!

Cimg4605

忘れかけてた記憶に火をつけた張本人!

(その名はたかおちゃん)

此処で、連れションのはずだったんですが・・

ある事情があって、止めました・・・・・・・・・(^^;

ルート・路面レポその他は明日にでも・・・。

| | コメント (6)

2008年8月19日 (火)

東大雪の林道をぶらり・ぶらり・・その3

Cimg4550 ヌプンの温泉で、昼飯を頂いて、向かうのは、秘奥の滝

シートカチ林道を戻り、工事ゲートの処から右折、レイサクベツ林道、狭くて暗くて登り勾配も結構アル・・

熊のう○こも多数散在してやや薄気味悪いんで、ついついアクセルを開け気味になる、見通しのよい笹原に景色が変り、気持ちよくブットンデ走ってる内に・・・・下り気味の薄暗い林道に・・・

あ・・・・・・・

滝の看板を見落としてしまったらしく、朝に走った支線に出た・・・・です。

戻るのを諦めて奥十勝峠から戻りはパンケ二コロベツ林道・・対向車無!

下りだと・・ケッコウ滑るし熊のう○こ多数!

今年はアッチコッチで熊の目撃情報が聞かれますが、熊の落し物も、昨年の数倍です・・・

やばいんで・・・写真を撮る余裕がなかったってのが正直なところです。

ノンストップで、(道)718に、止まって写真を撮る余裕は無いんですが・・

718を上流に向け10km程林道5へ・・この林道、単独だと短いですが、林道1に抜けると20km以上になる・・・

キャンプ場

Cimg4494 明日には自宅向けなんで・・・・

今回の過積載はとっても楽チンでございました。        さっさとバイクを積み込んで、夕方からは釣にいそしむ

Cimg4524 本日のオカズ・・虹鱒3匹(小ぶり)の塩焼き

Cimg4523 ナラ茸(ぼりぼり)と川カジカのお味噌汁

Cimg4503 3年連続で此処で遭った浜松のKLX乗りさん

Cimg4504 GB250(かなりおんぼろ)で、初の北海道ツーの学生さんと、三人で宴会!

楽しい夜は更けた・・・

あ!学生さん・・・熊が出た時はジッと睨んでワンって吼えると、逃げていくってのを本気にしちゃイカンヨ・・・・・(^^

翌朝はパッキングなんか適当に、ばたばたとJEEPにぶっこんで・・

Cimg4525 濃霧の日勝峠をぶいぶい走って(バイクは辛そうでしたよ~)

Cimg4526 穂別の直売店にて・・

Cimg4527 余り見かけない果物・野菜

甘~いネットメロンは苦手なんで・・・

仏壇に揚げてから頂くと・・・そこそこ美味しく食べられます。

| | コメント (2)

2008年8月18日 (月)

東大雪の林道をぶらり・ぶらり・・その2

え~っと、残りのシートカチ林道をヒョイヒョイっと走ると曙橋に出る。Cimg4550

の続きヌプントムラウシ林道・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽しい(車多数で走り辛いが!)温泉がある訳で、例のごとく、追い越し御免!で走る・・・

別に追い立てたり・・・アオッタリはしてないんですが、ファっと後ろに付くとお先にどうぞみたいに道をゆずって貰える訳で・・

Cimg4519 勢い余って、この先の林道を1km程探索・・

結構先まで入り込めそうですが、でっかい熊のう○ちを踏んづけて、気持ちが萎えてしまいUターン

Cimg4520 噴泉塔・・沸騰してます!

今度は、玉子を持って来よう・・・

嘘か真か?ラム肉を持ち込んでシャブシャブパーティーをやって、湯船を油で汚染したバカッタレが居たらしい?

昨年は、猛暑と転倒の二重苦で湯に漬からずに川で涼をとったですが、今年はきっちりとお風呂を堪能してきましたが・・・

湯治目的のお嬢さん(かなり昔の・・)に、「バイクで来たんだ!元気だね!」    ナンゾと聞きたくも無い話を・・・うんうん・・はいはい・・

この日、一番疲れたです・・・・・。

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

東大雪の林道をぶらり・ぶらり

13日、然別野営場~ヌプントムラウシ温泉Cimg4550

野営場から5~6km程下り、林道1

オソウシ温泉に出る林道・・・2つの山越えルート・・

前半は走りやすいが、微妙に滑る

Cimg4521 2つ目の山の頂上付近、今日は右折

深砂利の登り下りタイトコーナーが続き、過積載で走るのは辛い・・・と想う

オソウシ温泉を左に見ながら、岩松ダム下の(道)718と合流、1km程舗装路移動で、林道3 ペンケ二コロベツ林道、入り口でジェベル250に荷物を積んだままのライダー在り、初めて入るらしく躊躇していたらしいが、砂利が深いのと、熊のう○こを踏まない様に走れば良いだけだよ(脅かした訳ではない)・・ペースが違うようなんでお先に失礼させて頂きました。

この林道、薄暗くって単独で入るのに慣れてない人は不安に駆られるかも?  しかも、砂利を敷き詰めたばかりのようで、リア加重で走らんと直進が辛い・・・(コレくらいが楽しいんですがね)

Cimg4513 奥十勝峠にて休憩、後続のジェベルを待ってみるが、15分程経ってもこない・・・

深砂利でコケてるべか?とも想ったんですが、2台のバイクが下がって行ったんで良いべ?っと先に進む・・

Cimg4514 Cimg4516

峠から数分・・行き止まりなら戻るつもりで支線に入る・・

あまり整備が入ってなくガレ気味で面白いが、荷物を積んでるとかなりキツイかも?

結局、レイサクベツ林道?に合流その他にも支線が在るんで来年でも入ってみようとシートカチ林道を曙橋に向け進むが、途中で砂防工事に遭遇・・通行止め?監督者らしき人をジ~と見つめると、ニヤリっと笑って通してくれた。

Cimg4518

臨時ゲート・・此処1っ箇所だけでした。

親切なんだか、不親切なんだか?

入ってはいけません、危険ですって・・出てきましたが、入ってませんよ!

| | コメント (2)

2008年8月15日 (金)

然別峡キャンプ

恒例の夏のツーリングキャンプですが、今回は休みが少ないんで然別峡の野営場をベースに露天風呂と林道ツーと渓流釣で遊び倒して来ました。

11日、仕事を午前中で(無理やり)見切りを付けて慌しく1400時出発、現着は1900時(買い物と休憩に約1時間)

テント設営後、鹿の湯で極楽気分を味わい、酔っ払ってテン泊開始!

12日

Cimg4550

林道

道)1088からオソウシ温泉向け林道、温泉ルート途中の分岐から

Cimg4521

オソウシ方面に右折せずに直進

道)鹿追線?方面に、初めて走る林道・・

数キロ間隔で、熊のウ○コが点在・・薄暗くて少々気味の悪いルート・・

車の入り込みは少く、タイトコーナーが続き見通しは良くないです。

Cimg4509 出口付近・・

Cimg4510 明らかに、此処から出なくてはナラン・・

ロープで縛ってるだけなんで、鹿避けの柵らしい

さらに、

Cimg4511 牧場!

Cimg4512 入っちゃナランかったミタイ・・・

戻るには、ちょっと・・・な~

熊の気配が濃厚で・・・・・・・

此処も、ロープ止め・・・

脱出!(ゴメンナサイ・・・・・ね)

然別湖経由で・・・幌鹿峠から林道 不二川迂回林道

Cimg4495 霧が濃くって、走りづらい、路面は浮き砂利・深砂利

TTRレイドに過積載のライダーを見かける。(抜き去る)

あっさりと、ナイタイ高原に到着

Cimg4496 有効視界30m程!

林道を走るよりシンドかった・・・

レストハウスもロクニ確認できん!・・遭難しそうになった(^^

0930時着、開店を待ってホットコーヒーで・・・とも考えたが、宅配便の運ちゃんに糠平方面の天候を聞くと、晴れから薄曇・・暖かいと聞き・・転戦

糠平温泉で喫茶店に入り冷えた身体を暖め

林道 糠平三叉林道

ロードバイク・乗用車多数・・

よろよろ、もさもさと走る方々をかわし

Cimg4501 久々のタウシュベツ橋梁

若い頃は、釣が目的で良く来てました。

観光客多数で、人の写りこみを避けるのに少々苦労しながらも、その昔 熊の脅威にびびりながら岸に立ちこんで釣をした頃を思い出し・・少し複雑な気分でしたね。

ここでビックスクーターのお兄ちゃんと、世間話をして何となく連れ立って駐車場に戻り始めたんですが、遊歩道の真ん中にキーホルダーが落っこちてるのを見付け、そこにほったらかして置くのもまずいんで、岸辺に引き返す・・・

橋の近辺に居る人に片っ端から、声をかけ・・・・

終いには、大声で「鍵落とした人いないか?~」って叫んでみても・・    居ない!

イエローコーンのキーホルダーだから、バイク乗りだべ!

でも、丸いキーって何のバイクだ?なんぞと例のお兄ちゃんと話しながらもバイクのキーなら、今頃は、バイクの廻りで途方にくれてるはずだから、そいつを探せば良いべってな訳で、駐車場に向かう・・

案の定

前から、景色を楽しむ様子とは明らかに違うライダーを発見!

ゆっくりと近づき(焦ってる様子が気の毒だが・・コッケイでもあって・・)

目の前に鍵束を掲げ・・・「これ?探してるでしょ!」

そのライダーは地獄に仏を見つけた様な顔で、(^^

「嗚呼!有った・・・有り難う御座います×10回?」

随分と、駐車場を探し廻り遊歩道の探索を開始した所で、見るからに顔色が青ざめてました、ハーレーの鍵って丸いのも有るんだと勉強なった・・けどね!

その後、岩間温泉でもと想っていたんですが、・・お風呂セット(タオル類)を忘れていたし、釣もしたいんでテン場に戻る

Cimg4502 晩飯のオカズ  虹鱒3匹(小さい・・)

ここ数年釣人が増えて、魚影が極端に少なくなって来た・・

別の釣り場を探さないといかんな~

今度は、内緒にしておかんと・・・・・・・・

近くのソロライダーとジンギスカンをつつきながら一杯、バカ話を2200時頃まで・・・楽しいですな~

| | コメント (0)

2008年8月14日 (木)

ツーリング・反則ギミ・・

12日~14日の二泊三日を、11日の午後発で強引に三泊四日に・・・

Cimg4513 イマイチの天候でしたが・・

十勝の林道をぶらり・ブラリと・・・・

楽しかったです!

| | コメント (2)

2008年8月10日 (日)

は~2泊かな?

週末に小仕事が入り、盆休みが縮小

12日~14日の休みしか造れない・・・

遊び相手は、WR-Z・・XR・・・Jeep・・・・・・・・・・・・・

2泊3日じゃ、足らんな~

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

熱烈歓迎/音を上げるまで走ってもらいましょう!2日目のつづき

2_011 口無沼から(道)141にはするっと2km程、(道)141を3km程下り、赤5の林道(樽前横断道?)

ここは、砂っぽい路面・・・アップダウンタイトコーナー・・・おまけに今回は視界不良で,したが山菜採りや、ストレス発散!なんかでしょっちゅう走り回ってる林道なんで、視界不良だろうとなんだろうとオイラは問題無!

たかおさんは何度か来ているので、余裕が有ったようですが、よーへいさんはグリップ感の無い路面に結構お疲れの様子・・

R0011921b 一気に樽前ガローまで・・のつもりでしたが、シールドが水滴で見づらい事この上ない

樽前ガロー(D地点)にて、小滝見学(地元の人間もその存在を知ってる者は少数)

さくさくっと、社台横断林道・・

R0011924b 何故か?路肩にたたずみ狼狽するようへいさん・・

手前の大きな岩に乗って・・リカバリー・・シールドを拭いて・・・前を見たらトラックがボッコリと掘り込んだワダチの時間差攻撃にやられた・・・らしい?

レンタルKLXの傷を気にしてますが、コケタンデショ・・・?御身体は?

R0011925bインクラの滝の展望台にて、まったりと・・・

今は、草葉が茂って展望台です。

まだ、行きます!此処から先は社台横断林道

出口は、色彩街道(道)86・・

お二人さんは、少々疲れ気味?

出口付近で、ブカ~っと煙草を吸いながら、小鳥のサエズリなんぞを楽しんでたんです・・・・・・

ん?

小鳥にしては・・・・・・・・・??

獣??小熊が親を呼ぶ声ミタイな?

しかも!すぐそこの茂みの中から・・・・チョイとヤバイ!

そそくさと、逃げる!

赤6 森野林道 此処の林道は結構荒れ気味、ブラインドコーナーの先に、直径5~60cmの岩が無造作に転がっているし、薄暗い。

目いっぱい進むと上登別まで行けちゃうんですが、現在は堰堤橋が崩壊していて迂回をしないと行けないです。(迂回路もダート)

青Eにて、休憩・・

ここで、ヒップハガーの口をアケッパで走っていた事が判明!

財布、免許証等は無事でしたが、デジカメが無い。

さっきの、小熊の鳴き声?地点~青Eまでの間で、落としたラシイ?

予定では青E~(道)86に抜ける岩盤バリバリの、絶対にこけたくないルートをたどり大滝~支笏湖の舗装ルートで許してアゲル・・つもりでしたが、デジカメ探しを口実にして、支笏湖までの林道大返し!

デジカメは見つから無いし・・

霧雨はすっかり小雨・・・・・後ろの2人のもうイヤだオーラを丸っきり無視して

約60kmを休ませないで走らせたのは、カメラが見つからない事への

腹いせじゃないですよ?

C85d すっかり、満腹のたかおさんとまだ行けるぞと笑うオレ!

走行距離180km(?)林道率95%以上楽しかったですよ。

樽前荘にて、暖かいコーヒーを頂いて

解散!

539d オイラはこの後、丸山林道経由で自宅へ

4314 たかおさんは札幌の自宅へ

よーへいさんは、もう一晩樽前荘泊

皆さん、お疲れさんでした!

あ!そうそう、翌日執念で見つけてきたデジカメ、完全に生き返った様です。データが少々ブットンデ無くなってましたが、おおむね良好です(^^

追伸

よーへいさん、たかおさん、画像いただきました、有り難うございました。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧